牛肉お取り寄せランキング
HOME > 牛肉の豆知識 > 「和牛」と「国産牛」の違い

「和牛」と「国産牛」の違い

和牛と国産牛、どちらも「日本で生まれ育った牛」のようなイメージがありますが、じつは違うんです。
「和牛」とは、日本の在来種をもとにして改良された牛のことです。現在では「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」の4種類だけです。
それに対して「国産牛」とは、牛の種類に関係なく、日本で飼育された牛のことを指します。外国産の牛でも、日本での飼育が長いものや、日本国内で食肉として加工されたものは「国産牛」と呼びます。国内で一定期間以上肥育された牛のうち、和牛以外の牛は、すべて国産牛となります。

消費者の立場からみると、「和牛」と「国産牛」では、価格や肉質がずいぶん違いがあります。

和牛は、手間暇かけて、じっくりと飼育されるため、一般の牛より食用になるまでの時間がかかるんです。また、それぞれ独自の飼育方法があり、大量生産が難しいことなどの要因で、価格も高めになっています。和牛には、高級なイメージがあり、お中元、お歳暮などのギフトや、大事な方への贈り物としても喜ばれます。

国産牛は、大量生産に適した飼育方法で肥育されます。そのため和牛よりは、飼育期間が短く、価格も値ごろです。

関連記事

  1. 牛肉の部位